【ネタバレ注意】クレイモアのレビュー、感想26巻まで読んだぞw

【ネタバレ注意】クレイモアのレビュー、感想26巻まで読んだぞw

クレイモアとは?

八木教広によるファンタジー作品
単行本は2014年6月時点で26巻まで刊行されており、累計発行部数は800万部を越える。
2007年にはアニメ化もされている。

クレイモアとは?

人類を保守くする妖魔と呼ばれる魔物と、妖魔を倒す為に作られた半人半妖の女戦士「クレイモア」が存在する中世ヨーロッパの世界

妖魔は「龍の末裔」を媒体に組織が作り出した生物だと判明。自分達がただ利用されてきただけだと知ったミリア達は組織を壊滅させ、戦いの呪縛から解放される。

【ネタバレ注意】クレイモアのレビュー、感想26巻まで読んだぞw
クレイモアの世界で作られている剣にそっくりな剣
スコットランド人が使っていたclaidheamh mòr:クレイモアという剣だそう

その上で深淵を越えるものとの因縁を断ち切るべく、ミリア達は聖ラボナでプリシラとの決戦に臨み!?
その大剣で一度はプリシラを討ちとるクレア。しかしプリシラはカサンドラを吸収し、さらなる異形となって戦士達の前に現れる。

クレイモアの登場キャラクター

【ネタバレ注意】クレイモアのレビュー、感想26巻まで読んだぞw

クレア

この物語の主人公
本人の希望と「素質に恵まれた戦士の血肉を他の戦士に継承させ、強さの永続性を計る」という実験により、妖魔では無くNo.1クレイモア、テレサの血肉を取り込んだ「特殊体」
闘いの中で右腕を失い、元ナンバー2「高速剣」のイレーネの腕を借りている。
数多の死線をくぐり抜け、仲間達の思いを受け継ぎ成長。
北の戦乱後、妖気を封じるため「風斬り」を体得するが、右腕だけの完全妖力解放の「高速剣」も体得。

【ネタバレ注意】クレイモアのレビュー、感想26巻まで読んだぞw

テレサ

どんな妖魔を相手にしても、妖力解放せずに殲滅する最強の戦士。

普通戦うときは力んだりするものだが、普段の表情そのままに妖魔を斬り伏せること(また、 その表情以外に目に見えて特徴的な戦い方をしないこと)から「微笑のテレサ」と呼ばれ た。

クレアのために掟を破り、組織を離反。最期は覚醒したプリシラに首を落とされ死亡。

どうやらテレサは150話で復活するようだ
CLAYMORE(クレイモア)に出てくる微笑のテレサは相当強いと思いませんか。
【CLAYMORE(クレイモア)】151話感想 テレサとカサンドラ、歴代ナンバー1が対決!

発売が遅いで毎回話忘れるのと
今回は何巻か飛ばしたようなのでわかんなったww
気が向いたら加筆するぜww

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする