とってもラッキーマンというとっても古臭い漫画を読んでみた。ネタバレビュー注意

とってもラッキーマンというとっても古臭い漫画を読んでみた。ネタバレビュー注意

とってもラッキーマンというとっても古臭い漫画を読んでみた。
とってもラッキーマンは1993年から1997年まで、集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』で連載されていた漫画だ
アリスが幼いころ読んで何回も読み返してた思い出のある作品

関連リンク
とってもラッキーマンwikipedia
とっても! ラッキーマンの登場人物

とってもラッキーマンというとっても古臭い漫画を読んでみた。ネタバレビュー注意

とりあえずこの辺が序盤の登場人物

ラッキーマン

右から3番目が主人公主人公であるラッキーマン
変身方法は、らっきょを食べること
ラッキークッキー○○ッキーという登場時のセリフで様々な武器や道具を出すことができる。

実力まったくないのでパンチもビームもキックもすべてヘナヘナで
敵に到達するのも怪しいレベルなのだが持ち前のラッキーで
パンチは股間に当たったりビームは都合よくなにかに当たったりして強敵を撃破していく

努力マン

一番左が努力マン、どう見ても巨人の星の星飛雄馬のパクリ
履いている下駄は左右30tずつあり、両方で60tもある
その努力により鍛え抜かれた足でキックすると竜巻が巻き起こるほど
頭の血のようなものは取り外しができるので輸血することもある。

スーパースターマン

左から二番目 目立ちたいだけというヒーロー
ラッキーマンと同じく貧弱なのだが後半には改造手術を施されたことで
様々な敵や味方からボコボコにされたり、消滅させられたりするのだがことごとく復活する
不死身の男であるということが発覚する

不細工ですよ

左から三番目、日本一不細工な中学生でお金持ち、教養もありすべてそろっているのだが不細工
追手内洋一とは両想いということになっている

みっちゃん

右から二番目、日本一可愛い中学生、ちょっと足りない面もあり、ヒロインであるということにすごくプライドを持っている。
ラッキーマンと両想いで追手内洋一のことは嫌っている

追手内洋一

日本一ついてない中学生、後に宇宙一ついてない中学生となる
その正体はなんとラッキーマン
みっちゃんのことが好きなのだが、休日明けにみっちゃんの机にラブレターを入れると
その席には不細工ですよが座り、後に追手内くんがお休みの日に席替えがあってついてねーことが発覚したりする

最後は一話で宇宙人の宇宙船が墜落して追手内くんに直撃し死亡することでラッキーマンとの合体を果たす。

勝利マン

とってもラッキーマンというとっても古臭い漫画を読んでみた。ネタバレビュー注意
勝てばそれでいいヒーロー
それが勝利マン、勝利友情努力の三兄弟の長兄
弟である努力マンとの戦いでは栓抜きを努力に持たせ審判に進言し勝利する
このことが原因で努力マンからはしばらく恨まれることになる。
自らをダイナマイトで爆破し勝利するなど危険なこともするが

世直しマン

とってもラッキーマンというとっても古臭い漫画を読んでみた。ネタバレビュー注意
通称よっちゃん ヒーロー協会会長に会長の座を奪われたことを逆恨みして一時的に悪役となる
ラッキーマンに敗れヒーロー神に命を救われ改心する
後にヒーロー協会に戻るがヒーロー協会では一番の実力者

三本柱マン

とってもラッキーマンというとっても古臭い漫画を読んでみた。ネタバレビュー注意
よっちゃんこと世直しマン、超ちゃんことヒーロー協会会長などとと共にヒーロー協会に貢献したヒーロー
勝利、友情、努力マンの父親であり、三人のすべてを併せ持つ
最後はさっちゃんに敗れ、死んでしまう

おなかに書いている三本柱にjrと書いている三本柱マンjrは勝利、友情、努力の三兄弟が合体した姿で世直しマンと互角の戦いをする。

天才マン

とってもラッキーマンというとっても古臭い漫画を読んでみた。ネタバレビュー注意
世直しマンの手下、親指グンジョーの正体だがこのことは作中では触れてはならない過去が人にはあると、鬼のような形相を見せる
ヒーロー協会をすべてトップの成績で卒業し、ヒーロー協会のヒーロー第一号だったのだが
世直しマンの手下に下った 理由は、世直しマンが仲間割れさせようと
ヒーローの証明書を天才マンにバレないように捨てたことでヒーロー協会から追放される
そのことを逆恨みしてのことだ
ほとんどのことを「フッ」ですませているのでわかっているのかわかっていないのかは謎
必殺技は「カッ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする