おすすめの漫画、東京喰種まとめ

おすすめの漫画、東京喰種まとめ

今日、風呂場で試しにゴキブリにシャンプーをかけてみた
一回目はシャンプーが外れ死ななかったが二回目は直撃で即死・・・

そこで今日は東京喰種(とうきょうぐーる)という漫画をおすすめしよう。
アリスが紹介する漫画はすでに有名になっているものが殆どだが、この作品も多分そう、ただアリス含めこの作品が面白いっていうことをまだ知らない人って人は結構多いと思う。

漫画の面白い面白くないって読み手の趣味もあると思うのでどんな人向けか書いておくと
テラフォーマーズ、亜人、進撃の巨人などが好きだっていう人にはおススメしたい作品

物語

人間社会に紛れ込み、人を喰らう正体不明の怪人「喰種」が蔓延する東京。上井大学に通う青年カネキは喰種・リゼに襲われ瀕死となるが、直後起こった鉄骨の落下により捕食を免れる。しかしその後、彼女の臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。それ以来、カネキは苦悩と恐怖に満ちた日々を送ることになる。

アリスも冒頭で、シャンプーをゴキブリにかけてしまったが、このような感覚で喰種は人間を食べる。
物語にも出てくるが人間が、豚や牛を食べるような感覚である。

ただし、物語上では喰種が人間を食べるシーンはそんなに多くはない

概要

石田スイのデビュー作。現代の東京を舞台に、人の姿をしながら人肉を喰らうことで生きる怪人達「喰種」(グール)をテーマにした作品。コンセプトはダーク・ファンタジーとなっているが、サイエンス・ファンタジーの要素もある。
集英社の『週刊ヤングジャンプ』にて2011年41号より連載開始。2014年42号まで連載された後、新編となる『東京喰種トーキョーグール:re』(トーキョーグール アールイー)が、同誌2014年46号より連載開始された[1]。キングダム、テラフォーマーズに並ぶ同誌の目玉作品の1つになっている。
2013年7月と2014年6・12月には十和田シンによる小説版が発売された。また、2013年8月から同年9月までデジタル漫画雑誌『ジャンプLIVE』にて番外編(スピンオフ)コミック『東京喰種トーキョーグール [JACK]』(トーキョーグール ジャック)が連載された。
2014年からはアニメ化が行われ、テレビアニメ2作とOVA2作が制作されている。
2015年7月には舞台が上演された。また、コンピュータゲーム化も行われた。東京ジョイポリスでは期間限定イベントが実施された。

登場人物

金木研

おすすめの漫画、東京喰種まとめ

東京喰種トーキョーグールの主人公であり、基本的には彼が喰種の世界で体験した事柄が本作の本筋となっている。読書が好きで、高槻泉の作品を特に愛好している。神代利世に捕食されかけていたところで事故に巻き込まれ、移植手術を受けた結果半喰種となってしまう。

喰種の特徴である赫眼は、元が人間であるためか左目だけに発現する。空腹によって勝手に発現してしまうため、普段は眼帯で左目を隠している。一方、正体を喰種捜査官から隠すためのマスクは右目を隠して左目を見せるようになっており、マスク越しには隻眼ということはわからないようになっている。

喰種となったことで味覚が変わったため今まで普通に食べられた物が不味く感じてしまうのだが、元人間であった彼にしか表現できない口にした時の不味さの表現は流石読書家といったところである。

父親は幼いころに他界しており、母親も過労によって亡くなってしまったため、叔母の家で生活していた。叔母の家での生活は良いものとはいえず、友人のヒデが拠り所となっていた。

半喰種となって以降は喫茶店あんていくにて喰種としての生き方を学ぶようになる。

佐々木 琲世(ささき はいせ)

おすすめの漫画、東京喰種まとめ

白と黒の混じった髪色の青年。真戸班所属の喰種捜査官で階級は一等。第一部エピローグ時は三等捜査官。59話から准特等捜査官に昇格している。
クインクス班のメンター(指導者)を務める。白単翼賞を取るほどの実力の持ち主。
喰種に情けを見せるほど温厚な性格。少々お調子者で、上司である真戸暁に対しても、ダジャレやジョークを連発し呆れられている。読書が好きで本を読む際にはメガネをかけている。また、料理がとても上手いなどという家庭的な一面もある。
有馬貴将とも仲が良いらしく、本の貸し借りをしている。
部下であるクインクスたちを指導しようと必死だが、まともな捜査官ではないということから他の捜査官からのけ者にされていたり苦労が絶えない。挙句の果てに部下にパンツを盗まれた。
しかし、佐々木はRc値が異常に高く一般人の6倍近くあり、最早喰種の域であり、普通の人間の食事も取れない様子。そんな佐々木の実力はいったい・・・?

使用クインケの【ユキムラ】《甲赫》は有馬、平子丈がまだ下位捜査官だった時代に使っていたクインケである。

趣味や容姿など、”あの人”といくつか通じるところがある。

霧嶋 董香(きりしま とうか)

おすすめの漫画、東京喰種まとめ

本作のヒロイン。清巳高等学校普通科二年生。7月1日生まれのかに座。登場時17歳。血液型O型。羽赫。愛称は「トーカ」。右眼を前髪で隠している。あんていくでアルバイトをしており、カネキの先輩店員にあたる。ウサギのマスコットを好み、マスクもそれに合わせていることから、CCGからは「ラビット」の呼称が付けられている。親友である依子の手料理を度々口にしているため、

ほとんどの場面で戦闘能力を十全に発揮できていない。それに加えて赫包の発達度もあまり高くないため、赫子は左肩からしか出せない[注 6]。また、本来の実力が発揮できる状態の場合は、左目の周りに花弁状のあざのようなものが3つ発生する。表向きはぶっきらぼうな態度と言動をとるものの

普段はか弱い者にも気遣いを忘れない心優しさを見せる。反面、感情的になると激情に駆られ、敵対した人間を躊躇なく殺害するなど凶暴な一面を持っており、カネキはこの極端な生命観を喰種としての生き方から来ていると考えている。平穏な暮らしを営める人間を羨んでおり、元人間であるカネキに対しては複雑な感情を抱いている。物語序盤は苛烈な態度をとっていたが、次第に彼の優しさに触れ仲間として認識するようになる。既に両親はおらず、弟のアヤトと同居していたが物語の数年前にアヤトが家出をし音信不通となり、後に敵対関係となる。家族を失ったヒナミを引き取って同居していたが

アオギリの騒乱の後に彼女はカネキについていくことを選んだため、元の一人暮らしに戻った。その後カネキの通っていた上井大学の理学部を目指して受験勉強をしていた。カネキが芳村に面会した際に再会するが、彼の態度に激昂。カネキを激しく叱咤し拒絶するが、そのことが彼が6区での反アオギリグループの解散を決意するきっかけになる。CCGによる梟討伐を目的としたあんていく襲撃をテレビで知り、芳村らの救援に向かおうとするが四方に止められてしまう。その後、討伐戦の後に取り壊されるあんていくを見ながら、カネキがいつか帰ってくることを信じ、四方とともに20区を脱出した。

『:re』では四方を対外的に兄とし、彼と二人で喫茶店「:re」を営んでいる。[注 7]そして薫りに惹かれて店を訪れたハイセと邂逅するが必要以上に干渉する事はなく、彼を静観する姿勢を見せる。その姿勢とは正反対の行動をとる月山の思想を「エゴ」と非難するもホリチエの頼みを受け、ヨモと共にルナ・エクリプスビルへ向かい、月山家殲滅戦終盤において捜査官に駆逐されそうになった月山と観母を救助する。

赫者

かくじゃ

喰種のなかで、稀に見る第二形態のこと。

隻眼の梟
おすすめの漫画、東京喰種まとめ


おすすめの漫画、東京喰種まとめ

アラタ
おすすめの漫画、東京喰種まとめ

ジェイソン(半赫者)
おすすめの漫画、東京喰種まとめ

ムカデ(半赫者)
おすすめの漫画、東京喰種まとめ

東京喰種 トーキョーグール√A 全12話 | トレアニ館
[石田スイ] 東京喰種 -トーキョーグール- 全14巻-torrent

「東京喰種 トーキョーグールネタバレ感想」の記事一覧

TVアニメ『東京喰種トーキョーグール』公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする