進撃の巨人 立体起動装置について調べてみた。

進撃の巨人 立体起動装置について調べてみた。

今回は進撃の巨人の世界で使われている立体起動装置について調べてみることにした。
人間よりはるかに大きい巨人を相手にするのになくてはならないもの、それが立体起動装置だ

ミカサだってリヴァイだって立体起動装置がなくては巨人と戦うことはできないのだ

いまアリスが持っている情報としては、立体起動装置はガスで動いており
アンカーを射出して、打ち込み、ブランコのように振り子したり急な時は巻き上げることによって移動しているようだ。

ワイヤー延長 30メートル
ワイヤー本数 2本
材質     黒金竹

進撃の巨人 立体起動装置について調べてみた。

アンカーには返しがついているのだが、抜き取る瞬間↓
ワイヤーは中に操作用の芯が一本入っててそれをねじるか引くかすると外れるそう

進撃の巨人 立体起動装置について調べてみた。

調べてみたと題したものの現在公開可能な情報ですでに仕組みが公開されていた
当然、実用化されていないので大事なところはブラックボックスで誤魔化されているw

進撃の巨人 立体起動装置について調べてみた。

進撃の巨人 立体起動装置について調べてみた。

進撃の巨人 立体起動装置について調べてみた。

ガスってどこに貯めてるんだろうと思っていたのだが、なんとブレードの鞘だとばかり思っていたところにタンクがあるではないかw

ファンと↑しているところをガスで回すらしい。

進撃の巨人 立体起動装置について調べてみた。

この大きめの拳銃のようなレバーが射出用のレバーなのは漫画でも出てた。剣の柄の部分とつながっている。

人が本来もつ二次元的な活動範囲に「高さ」が加わることで命名されたのが「立体機動」。状況判断の難度は跳ね上がるため、訓練でも死傷者の出る非常に高度な技能。個々の素質も問われ、兵員としての価値の多くがこの技能の習得に依拠していると言ってもいいだろう。
その性質上、平地ではほとんど用を為さないものの、市街地や森林をはじめとする高さのある物体を利用し、様々な環境における歩兵の移動能力、撃破能力を飛躍的に高めることに成功。装置の導入によって、巨人の唯一の弱点である後頭部うなじ下部にある急所を狙った、歩兵による直接攻撃が可能となった。

立体機動装置 (りったいきどうそうち)とは【ピクシブ百科事典】

進撃の巨人 立体起動装置について調べてみた。

立体起動装置はすでに現実の世界でも販売されており、実際に空を自由に飛び回ることも…
出来ない…

マジか!進撃の巨人『立体機動装置』がガチで買えるらしい

進撃の巨人 立体起動装置について調べてみた。

進撃の巨人 立体起動装置について調べてみた。

進撃の巨人 立体起動装置について調べてみた。

進撃の巨人 立体起動装置について調べてみた。

進撃の巨人 立体起動装置について調べてみた。

既に壁が壊された時のために立体起動装置を自作している人もいた。
こちらの作品ではガスの噴射まで可能とのことだが、やはり残念ながら飛ぶことはできないそうだ
それにしてもここまでの技術があるならそろそろ、気球でも作って世界一周してほしいw