ドラゴンボールヒーローズ オリカ(オリジナルカード)作り方まとめ

今回は、ドラゴンボールヒーローズのオリカの作り方を勉強してみることにした。

必要な物

フィルムラベルシール[光沢_透明]
オーロラシート

フィルムラベルシールはカット自由自在と書いてあるやつを選ぶそうだ

ドラゴンボールヒーローズ オリカ(オリジナルカード)作り方まとめ

ただカードを作るだけならYouTubeで公開されている動画だけで十分すぎるぐらいわかったのだが、問題はゲームで使えるカードにするっていうところだ

一回ではなかなか理解しにくいので何か所か説明しているサイトがあったので拾ってきた。
一個目の説明が凄くわかりやすくてよかったぞ

発動のポイント

普通紙に印刷する
カードの大きさよりも小さくする

説明

1、裏面大きさ
裏面サイズの横太枠外側で横43mm縦53mmで自分は作成していますが多少の大きさは違っていても反応するようです。

2、裏面印刷
コードがあるとの事でしたら大きさを上記に合わせてインクジェットで印刷後にコンビニで白黒印刷して下さい。

3、表面
ネットでなるべく綺麗な画像を入手して不必要な部分を消して枠のみにして保存しそれを加工が1番早いです。
光沢紙に印刷!

4、仕上げ
表と裏をノリでくっつけて、綺麗にハサミで切り、ラミネート機にかけた後四つ角を丸くして完成。(キラはもう少し手間がかかります)
※添付はGIMPで作成しましたが、フォトショップなどの画像編集ソフトとそれを使いこなす技術が必要になります。
根気よくトライして下さい!

ドラゴンボールヒーローズのオリカの作り方

説明2

ドラゴンボールヒーローズ オリカ(オリジナルカード)作り方まとめ

①「耐水透明フィルムラベル」に、
家庭用インクジェットプリンタで「光沢紙:カラー」で印刷したもの

②「ダイソー クリアポケット トレーディングカード用 片面 白タイプ」を、
裏面のみカッターで切り取ったもの(袋の裏面しか使いません)
※ クリアポケットには粘着性がないため、後述ののりで貼り付けます

③「マットフォトペーパー」に、
コードを「普通紙:モノクロ」で印刷後、黒ベタを「光沢紙:カラー」で印刷したもの

④「マットフォトペーパー」に、
表面のデザインを印刷したもの(コードの発動には影響しないのでどんなインクでも可)
③、④の紙質は問いませんが、ペキンさん的には「CANON マットフォトペーパー A4」がオススメ。
インクのノリも良く、紙も厚手なので、印刷時の紙のシワが出にくいのです。
普通紙だと、黒ベタのインクを載せると、多量の水分でしっとり&しわしわになって、他の紙を貼り合せるときにすんごく苦労します。

また、②と③を貼る時、③と④を貼る時には、シワになりにくい「トンボ鉛筆 スティックのり シワなしピットG」がオススメ。
全面にノリを塗ってもシワになりにくく、それでいてしっかり貼れます。

で、印刷、貼り合わせを経て、カードのカッティング

説明3

ドラゴンボールヒーローズ オリカ(オリジナルカード)作り方まとめ

全部で4つあります。
①表デザイン面
②コード部分
③コード隠し用シート
④裏デザイン面

①まず染料インクでカード全体黒ベタに印刷。
②その上に顔料インクでコードを印刷。
・・・とすれば、コードを隠しつつちゃんと読み取れるものが作れるというわけです。

わたしの持ってるプリンターは、brotherなんですが(EPSONが欲しい・・・)
始めは、黒ベタでもモードを「カラー」にすれば、染料インクであるカラーのインクを使って黒ベタを作ってくれると思ってその方法で印刷してたんですが、全く読み取ってくれなくて困っていました。
で、印刷設定の際に選ぶ紙の種類で、使うインクを変えてるのではというペキンさんのアドバイスで、
①紙:OPHフィルム、モード:カラーで黒ベタ印刷。
②紙:普通紙、モード:モノクロでコードを印刷。
OPHフィルムは染料系インクしか乗らないので、この設定で印刷してみたら・・・
やっと読み取り成功しました~!(ToT)

DBHオリカへの道。その6

以上!紹介したサイトだけでできる人はできるようなのでみなさんぜひチャレンジしてくれw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする