【ネタバレ】鬼畜島、こんな漫画売ってていいのかというほどにグロい【グロ注意】

【ネタバレ】鬼畜島、こんな漫画売ってていいのかというほどにグロい【グロ注意】

われわれはみな他人の不幸を平気で見ていられるほどに強い

ラ・ジェフーコー

M大学・廃墟研究サークルの高久と上原たち6名は、無人島といわれる“菊池島”を訪れる、隠れキリシタンの末裔、十字架に磔にされた無数のミイラたち……。絶海の孤島に猟奇殺人鬼と共に閉じ込められた極限状況下で“血”と“絶望”のサバイバル

今回は、鬼畜島という漫画を紹介したいと思います。
最初に言っておきますがこの漫画はグロいので苦手な人はすぐにこのページから離れたほういいですw

グロ苦手な人は絶対見ない方がいいが好きな人、抵抗がない人も是非見といたほうが良い作品だとおもいます。好きな人はもう読んでいると思いますがw

前回、彼岸島、自殺島と一緒に紹介しようと思いましたが、この漫画は別格とアリスは思っているので別に記事を設けることにしました。

彼岸島とよく比較され、彼岸島の方が評価が高いんですが、鬼畜島の方がアリスは面白いと思います。

では紹介していきましょう

M大学・廃墟研究サークルの高久と上原たち6名は、無人島といわれる“菊池島”をクルーザーで訪れます。島には豚の皮をかぶった遭難者らしき人物がいました。
先輩が泳いで救助に向かうが、逆に豚に殺されそうになります。

本意ではないが高久は先輩を助けるため救助に向かうのだが海の中にはなんと核廃棄物らしきものが

【ネタバレ】鬼畜島、こんな漫画売ってていいのかというほどにグロい【グロ注意】

ネットで検索すると地図に存在しない島であることがわかります。
【ネタバレ】鬼畜島、こんな漫画売ってていいのかというほどにグロい【グロ注意】

核、キリスト教、ヤクザ、殺し屋、魔術など様々ななぞの要素がからみ合う鬼畜島

隠れキリシタン

江戸時代、離島に逃れた隠れキリシタンがいた
徳川幕府にキリスト教を禁じられ激しく弾圧されたキリシタンの中には離れ小島に隠れたものもいたんだそう

宣教師を失った彼らは島で長く暮らす内にキリスト教を変質させていき
やがて明治になり日本を訪れた宣教師たちを驚かせる

【ネタバレ】鬼畜島、こんな漫画売ってていいのかというほどにグロい【グロ注意】

汚染されているので当然だが釣った魚は奇形魚

この魚を島民も食べていたのだが、みんな死んでしまったらしいが、神に選ばれた人物は生きながらえ こんななるんだそう

張り付けにされていた人物、冒頭に出てきた豚の大男以外にも家族が大勢いるそうです。

鬼畜島(菊池島)

本名菊池島といい、地図にない島、日本のいらなくなったものの廃棄場と化していますがかつては漁協にも加入していた普通の島でした。
以前は本土とも交流があったため脱出は可能ですが舵を壊されると海流は島に向かっているらしく脱出は出来なくなります。

鬼畜島につれてこられる人々

ヤクザの人の廃棄場、ヤクザの金に手をつけた人、政府や大企業に都合の悪い人間、家族から持て余された老人、病人など社会からいらなくなった人間などが一人50万でここへ連れてこられるようです。
これらの廃棄には警察、政府も関係しているらしく助けは来ないという絶望的状況

サンタマリア

家族が信仰している神様、ヨゼフがサンタマリアから予言を聞いたりしていることから実在していると思われる。マリアおろしという家族が”滅びの子”を産むための儀式に必要な存在のようです。

実際に地震を起こしたり、教会を沈めたり魔術のような力があるみたいです。

家族の家

床は人の歯が落ちていて、周りは人の骨だらけ
奥には巨大なばばぁが住んでる

ホルスの目

【ネタバレ】鬼畜島、こんな漫画売ってていいのかというほどにグロい【グロ注意】

ハナクロたちの隠れ家にあったアルバムの中にあった写真の一枚

真中がヨゼフ 右がハナクロ 左は伊佐知

三人仲良く発掘していた時代もあったんですね。

この目玉のような物体のせぇであの家族は変わったようです。
人から人へと力を移す石
能力を移植するたび濃度は高まり消化されていくという
古代エジプトでは王位継承者に次にローマ軍、次にキリスト教から今の家族へと辿りつきました。

高久もホルスの目と同化することで人智を超えた力を得る。

この目こそが、マリアをヨゼフに幻聴させすべての発端となったものとらしく、核廃棄物も島民を追い詰めこの石を発掘させるためにヨゼフが島の近海に捨てさせたことが判明

ホルスの目の洞窟

高久に地獄を連想させ、ハナクロに生きたものが来るところではないといわせる場所、そこは普通の人間だった高久を化け物に変えた石があった場所

そこにはホルスの目が大量にありました。人肉を吸って成長したらしく、都合よくこの上には化け物一家の人肉風呂があるそうです。

M大学の廃墟研究サークルのメンバー

高久

M大学の廃墟研究サークルのメンバー、同じサークルの上原に思いを寄せる。なにも取り柄がなさそうだが、今後重要な役割を担うことになる。滅びの子を産める可能性を持っており家族は高久を取り合うことになるかも?

話が進むにつれ村長らしきハナクロと合体して背中からも手が生えるなど、どんどん人間離れしていっている。

ホルスの目と融合した高久 記憶はカオルと混ざっていて高久の一面もたまに出て不安定

見た目は普通になった高久、アンナカンナにバラバラにされた肉体を元に戻そうとしてハナクロまでくっついた

上原

M大学の廃墟研究サークルのメンバー、同じサークルの東山に思いを寄せる。冒頭で攫われた東山先輩のこと以外なにも気にしていない。

サバサバした性格で言いたいことははっきりと言う

最初は、このような見た目だが、話が進むにつれ家族以上に鬼畜になっていっている気がする。

東山

M大学の廃墟研究サークルのメンバー、上原の彼氏。藤井、上原、倉木の三人と遊んでいた遊び人だが。島の遭難者を、海に飛び込み積極的に助けようとするなどカッコいい一面を持つ。

最近の東山先輩、連載当初と同じ人物とは到底思えないその姿に家族の恐ろしさを感じます。

マリに生殖器を切られ弄ばれ今では見る影もない姿になる。滅びの子をおろす練習台にされカオル以上に膨張している。

藤井

M大学の廃墟研究サークルのメンバー、ギャルっぽい子、いまのところ大したことはしていないが、徐々にこの島に染まっていっている

倉木

M大学の廃墟研究サークルのメンバー、ヲタク風の女の子でいち早くこの島の異様さを指摘していた。

飯野部長

サークルの部長で、本人曰くぽっちゃり

この漫画一のタフネス、頭に石が刺さったまま生きていた。

東山を助ける際には「船の運転が忙しい」といい部長らしからぬ無責任さを見せる。

その他の人物

村田

娘の亜美を探すために島へとやってきた。重火器で武装しており

高久たちを戦力として使おうとする。

娘を探すためならヤクザさえ殺してしまう恐ろしい男で娘の亜美からも化け物家族以上に恐れられている。

亜美

村田の娘で、ブタの皮を被っているが化け物家族ではない

高久たちよりも先に上陸していたようで、上原より先に閉じ込められていた。悪い男に濡れ衣を着せられこの島へとやってきた。

父親である村田をチェーンソーで腹を刺して殺すという化け物一家並みのことをやってのけた

鬼畜島の化け物家族

カオル(豚男)

鬼畜島で最も一般人にまで知られている豚男、豚男を知らない人は鬼畜島を知らないといっていい、殺人豚男で活舌が非常にわるい、サンタマリアと思いこんでいた亜美までも撲殺しようとしたり、幼少期に村人をボコボコにするなど家族一、凶悪なのかも?

人は残虐に殺すが、血を見るのは苦手

ヨゼフ(義一)

カオルの父、自らを神様に近しい存在だと勘違いしているのか

本当に祝福されているのかは謎だがムキムキ

この島で諸悪の根源とも言うべき存在。

マリ

化け物一家の長女、島一番のサディストで指先にメスを埋め込んでいる。

顔は火傷しているのか半分隠していて、父ヲゼフや弟カオルも恐れている節がある。

高久に恋をしているのか、それとも滅びの子を産むのが目的なのか高久を大事には思っている様子。

カンナ

マリと姉妹、化け物一家は見た目こそまともだがカンナはなぜか口が縦になっていて鼻が反対に付いている見た目も化け物、”ピーヨ”と語尾が付く

アンナ

今、巻ではでていないものの、カンナと違い見た目は美少女

マリと同等程度の実力を持っていると思われる。

鬼畜島の村人

ハナクロ

この村の村長だった人だが、今は犬のように退化してしまった。

化け物家族とは対立関係にある様子

家族を同志討ちにしようとしたり高久に家族を殺させようとしたり色々と画策する。

伊佐知

今は家族の敵で島民の味方だが、家族より見た目悪いことをしてそうな印象

無料で読む

鬼畜島 / 外薗昌也 / まんがライフWIN
鬼畜島 01-03巻
鬼畜島 04-05巻
鬼畜島 06巻
鬼畜島 07巻
鬼畜島 08巻
鬼畜島 01-08巻

外薗昌也

代表作は『犬神』『エマージング』『赤い妹』『黒異本』『蟲姫』など。漫画・漫画原作・時代小説・実話怪談等々と幅広いジャンルで執筆をこなし、現在自分が何者なのかよくわからなくなりつつある。

現在、日本文芸社「Webゴラクエッグ(http://www.nihonbungeisha.co.jp/goraku)にて『白異本』(作画/高港基資)、ぶんか社「デジタルホラーM」にて「異本シリーズ」(作画/鯛夢)、そして秋田書店「ヤングチャンピオン」にて連載準備中。
その他、ホラー漫画試し読みサイト『恐ろし屋』を運営。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする