クローズ EXPLODE 1巻紹介

今回は不良漫画の金字塔、クローズの新しいシリーズが出ていますので記事にしました。

クローズ EXPLODEでは高橋先生原作 「クローズZERO」の物語の一ヶ月後 という設定

『鏑木旋風雄』が焚八商業を喧嘩で退学となり転校してくることから話がスタートします。原作の主人公である『坊屋 春道』にしても、WORST『月島花』ZEROの主人公『滝谷 源治』にしても、そして今回のEXPLODEの『鏑木旋風雄』にしても鈴蘭は転校生によって大きく変わってきた。

今回のEXPLODEでもそんな期待を寄せずにはいられないです。

彼が今回の主人公、元焚八商業、焚八四天王とタイマンリレーして全員に勝った男、鏑木疾風雄

喧嘩の強さはというと、パンチでポップコーンのコーンのように全部の歯が吹っ飛ぶほどです。

これまでの主人公と比べると「坊屋春道」に近いのではないかなと思います。

鈴蘭制覇に興味もなく、誰ともつるまない、ちょっと違うのは喧嘩までしたくないというところですw

鈴蘭になにしにきたんやww

「クローズZERO」の物語の一ヶ月後、3年でリンダマンいてもいいのか?坊屋とかその他もろもろのキャラはでないというのが我慢できない><って思う人も多いかもしれませんが、完全に別の話としてみましょう。

今回も一巻から幾度となくバタバタと喧嘩が行われました。最初ということもあり、あーだこーだと話し合いとかの余地もなく喧嘩です。

クローズシリーズを読んだことがある方なら皆さん知っていると思いますが、恒例の1年戦争、あれが学校全体でやっている感覚ですね。

目を見れば分かりますが、みんなギラついてていい感じですが転校してきた鏑木はというと実は諸事情により喧嘩はしたくないというのは事実みたいなんです。

今後喧嘩はしたくない鏑木がどのような鈴蘭生活を送るのか注目していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする