トモダチか?お金か?壊れていく友情を描いた「トモダチゲーム」

今回はトモダチゲームという漫画を紹介していきたいと思います。原作、山口ミコト

漫画、佐藤友生による日本の漫画作品で『別冊少年マガジン』(講談社)にて、2014年1月号から連載開始された作品です。

2017年にドラマ(全4回)と映画2本の全3部作で実写化されており話題の作品なんです。


主人公である友一は、とても仲のいい同級生がいました。しかし事件をきっかけに彼らの生活は一変します。その事件とは何者かの手によって修学旅行のお金が盗まれるんです。

こんなことがなければ、この同級生たちの仲はそう簡単には崩れなかったと思いました。それほど仲良しな同級生でありこの漫画はドロドロの友情、裏切りを描いています。

どことなく王様ゲームにも雰囲気が似ていますがグロい描写はほとんどないです。

修学旅行費が盗まれた後、友一たちは拉致、監禁されますが、この一連の事件の犯人は、「トモダチゲーム」に参加したいと思ったこの5人の中の誰かだといいます。5人の中に借金2000万円を背負っている者がおり、その借金を返済する為にトモダチゲームの参加料200万円を支払った者がいることを告げられます。

ゲームに参加しなくても友達の借金はそのまま残り、友一たちにはなにも罰はなかったんですが友達を助けるため最初は参加します。

参加した場合、2000万を5等分して一人400万借金を背負うことになります。なかなかこんな借金友達のためにできることではないですよね。

それも5人のうちのだれかというだけで、その人物は特定されないまま全員がトモダチゲームに参加すると即答します。

クリアできるごとに200万、とても簡単な問題を答えるだけなどみんなで協力すれば簡単に賞金が貰えるというものですが、運営はクリアできないように様々な仕掛けで友一たちを陥れます。そして、これほど仲が良かった5人ですが、「トモダチを疑わない」というこのゲームの攻略法を少しずつ破り始めます。

片切友一は、最近の漫画によくある、さわやか、正直で一直線、凄く優しいという要素を持った主人公でしたが、物語が進むにつれ仲間の裏切り、敵からの攻撃を受けどんどん本性を露にしていきます。

沢良宜(さわらぎ)とは、トモダチゲームではヒロイン的な位置づけの女の子でしたが、黒幕ともつながっているような描写も見られます。沢良宜のことが好きなのかと思われた天智でしたが、過去にこの世で一番大切なものを奪っていたことが明らかになります。

天智はこのゲームの二回目の参加者で、前回のゲームで傷を負っているんです。見た目通り優秀なみんなの調停者の天智が過去にどんな傷を負っているのか?

そこには驚きの、組織との絡みがありました。

この子が少し前に紹介した沢良宜(さわらぎ)です。凄くいい女の子だったんですが、なにか隠している様子が伺えます。

ただ、沢良宜(さわらぎ)はたまたまなのか今回のトモダチゲームに参加してはいますが、友一たちを巻き込んだのは沢良宜ではありません。

他にも真の裏切り者がいるとなっていますが、だれなのかはいまのところわかっていないんです。

裏切りに次ぐ裏切り、敵は友達だったりかつての敵だったりとだれが味方なのかよくわからなくなりますが、最後には大どんでん返しが来て意表を突かれたりして面白い作品です。

序盤は100万単位ですが、後には「大人のトモダチゲーム」という上位版に参加することになる友一たち、取り扱う金額も「万」から「億」へと変化します。

カイジや王様ゲームが面白かったという方はぜひ一度読んでみてほしい作品となっています^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする