【漫画】「アニメ化決定!!」約束のネバーランド9巻ネタバレあらすじ

ゴールディ・ポンド

ついにゴールディ・ポンドへたどり着いたエマ、ペンがまたしても鍵になっていました。

中へ入ると電気、上下水道、時刻、空の疑似映像といった狩り場の監視室とも取れるような設備がありました。

ルーカスは「もしかしたら狩り場は元々狩り場ではなかったのでは?」という疑問を感じます。

エマが更に奥に行くとゴールディ・ポンドへ入ると池があり、そこの水は触れない、入っても濡れないという不思議な水でした。今後この水の謎は解き明かされるのでしょうか?

更に奥に進むとエレベーターがあり、しばらく動くと停止します。すると電話が鳴り始めミネルヴァさんの録音が再生されます。

ミネルヴァさんによればこのエレベーターはかつて人間の世界へ移動できる手段でしたが、腹心の裏切りにより今は使えななくなっています。

そしてA08-63はミネルヴァさんが作らせた集落であり以前は安全な場所だったといいます。

ミネルヴァさんがなぜ危険を冒してまでこのようなことをしているのかという疑問もついにあきらかになります。

彼の名前はジェイムズ・ラートリー1000年前に彼らと約束を結んだ一族の末裔で35代目の当主だったのです。

約束とは?

鬼は人間を襲って食べる生活をしていたが、逆に武装して食われた以上に鬼を狩る人間もいたそうで終わりのない殺し合いと果てのない恐怖に互いが嫌気を指していた時に人間側から「人間は鬼を狩らない、だから鬼も人間を狩らない。お互い世界を棲み分けよう」という提案がなされた。

約束の調停者として存在するラートリー一族としては大っぴらには動けないが、せめて食用児として自分が存在していることに気付いた子供だけでも救えないかとこれまで数々のヒントや鍵をミネルヴァさんは残していたということでした。

今は、ゴールディ・ポンドへのエレベーターは使えなくなっていますが、GF農園、GB、GV、GRといった高級農園にも道がありその道はふさがれることはないとのこと

逃げてきたはずのGF農園に人間界に行ける道が残っているというのは9巻で最も衝撃的な内容でした。

更にミネルヴァさんは歪んだ約束が気に入らなければ壊せばいい、秘密裏に逃げたければ支援者を向かわせる。と続けます。

更にその二つ以外の選択肢には「七つの壁を探しなさい」ということでした。

全面戦争でも秘密裏に逃げることでもないとすれば七つの壁の意味は一体なんでしょうか?

ピーター・ラートリー

ミネルヴァさんを裏切った人間が73話で明らかになります。ミネルヴァさんの次の投手となっているピーター・ラートリーです。彼はミネルヴァさんの弟でありながらミネルヴァさんに賛同するふりをして死に追いやったことがわかりました。ピーターはミネルヴァさんとは逆に食用児たちを人間界に渡してはならないという考えを持っていました。

マーヴィンの寝床というワードが突然ミネルヴァさんの会話から出てきてあっけなく解決します。中にはペンの先につけるメモリチップがあってその中に支援者との連絡のとり方、脱出の方法、七つの壁の謎まで目撃した2人はなにからなにまでそろっているといいます。

今後どうすれば良いのか、“七つの壁”示された道。しかし先に進むにはまずここから抜け出さなくてはならない。鬼たちの狩りにも目処が立ち始めたその時、鬼たちも食用児たちの準備より先に狩りに現れます。音楽が鳴り、「密猟場」の支配者たちと最後の対決が始まります。“獲物” に反撃されて戸惑う鬼たち、それでもおおよそ「当初の計画」通りにはいかないのであろう緊迫した戦い、さらなる犠牲者を出さずに勝てるのか。再び対峙するエマとレウウィスの因縁もあって次巻も目を離せません。ようやく弱い鬼は狩れましたが残るは強力な名のある鬼たちとの戦いが待っています。果たしてルーカスの「計画」は成功するのか?決起し、狩られる側から狩る側に転じたルーカス達は密猟場を終わらせられるのか?最強の敵、レウウィスと対峙したエマの思惑とは?

9巻の鬼とのバトルは複数の罠を張り巡らせ勝ったように見えますが、何となくごり押し感があって最初の脱出編に比べると少し面白味が欠けてきている印象でした。

“七つの壁”の謎もエマの中だけで完結していて読者には明かされていません。バトルより“七つの壁”の謎を明かしてほしかったです;;

今回、ノーマンが生きていたことも明らかになりますが、もう少しエマたちがピンチのシーンに現れるとか捻りが欲しかったなと思いました。22194というエマに印字された数字を繰り返し言うおっさんがノーマンを示唆していたというのはなんだかあっけなさ過ぎたと感じましたね。エマはミネルヴァさんの弟であるラートリーさん、食用児たちの味方では絶対にない人物のそばにいます。今後エマとノーマンの再開はあるのか?注目したいですね。

5月28日発売の少年ジャンプ2018年第26号にて本作のアニメ化が発表されました。アニメの方は2019年1月スタート。フジテレビ系のノイタミナ枠での放送となります。こちらも楽しみです。