人類創世の謎に迫る本格サバイバル漫画「創世のタイガ」

0001 - 人類創世の謎に迫る本格サバイバル漫画「創世のタイガ」

今回はイブニング(講談社)にて連載中のサバイバル漫画「創世のタイガ」を紹介したいと思います。作者の森慎二先生が書いていた作品は自殺志願者への支援へ充てられる予算が限られてきたという政府の意向で作られた特別自治区「自殺島」が舞台でした。

主人公セイは「生きる義務」を放棄した意思を示す書類にサインし自殺常習者が集められた島「自殺島」へ送られるが、死ぬことができない常習者は生きるしかなかった。最低限の物資はあるものの自殺島でもリアルなサバイバル生活が描かれました。

今作では自殺志願者ではないものの現代の生活へ不満を持っている少年が主人公が原始の時代へとタイムスリップします。ありきたりな異世界転生モノとは違って、魔法など存在しないリアルな世界です。

0033 - 人類創世の謎に迫る本格サバイバル漫画「創世のタイガ」

今作の主人公タイガは大学卒業を迎え”なにもない自分”を悲観していました。タイガは大学の文化人類学のゼミ仲間とオーストラリアへきていました。そこでガイドブックにもない謎の洞窟を見つけ中でマンモスを狩猟しているような壁画を見つけます。

0062 - 人類創世の謎に迫る本格サバイバル漫画「創世のタイガ」

壁画に夢中になっていると落盤が起こります。なんとか外へ出るとそこは異形の生物が住む過去の時代だったのです。
様々な古代生物が暮らす中、タイガたちは水を飲んだり睡眠を取ったりといういつもなら当たり前に出来ていることすら命がけだと知ります。

0172 - 人類創世の謎に迫る本格サバイバル漫画「創世のタイガ」

多くの肉食生物を目の当たりにした彼らの前に更なる脅威が襲います。人間です。タイガたちが転生した時代はネアンデルタール人とホモサピエンスが争っている真っ最中の時代だったのです。

狩猟生活を通してタイガは生きていることを実感するのでした。

タイガ

0150 - 人類創世の謎に迫る本格サバイバル漫画「創世のタイガ」

なにもない自分へ生きている実感を持てずに悲観する少年でしたが、原始の時代へタイムスリップしてからは仲間たちの中で最も順応して勇敢に戦う

アラタ

0022 - 人類創世の謎に迫る本格サバイバル漫画「創世のタイガ」

彼女にフラれて落ち込んでいたタイガを卒業旅行に誘った。非常に博識で準主人公といってもいいほど

リク

00035 - 人類創世の謎に迫る本格サバイバル漫画「創世のタイガ」

長身でがっしりした体格、アウトドアが趣味のため、方位磁石・ステンレス製の水筒・小型のノコギリなどを持っていた。

チヒロ

0119 - 人類創世の謎に迫る本格サバイバル漫画「創世のタイガ」

動物が大好きで動物の知識が豊富、この時代へも素早く順応しており仲間たちからは”大モノ”と呼ばれる

リカコ

0182 - 人類創世の謎に迫る本格サバイバル漫画「創世のタイガ」

人類学でもタイムスリップしてきたこの時代を専攻していた。

レン

00038 - 人類創世の謎に迫る本格サバイバル漫画「創世のタイガ」

原始の時代に順応できずにいる。狩猟生活にも非協力的な面が見られる。

ユカ

00025 - 人類創世の謎に迫る本格サバイバル漫画「創世のタイガ」

原始の時代に適応できずにいる。この時代で頼りがいのある男へと成長したタイガに好意を寄せる。

ティアリ

00184 - 人類創世の謎に迫る本格サバイバル漫画「創世のタイガ」

ホモサピエンスの少女、ネアンデルタール人に襲われていたところをタイガに助けられホモサピエンスの仲間との橋渡し役となる。

00088 - 人類創世の謎に迫る本格サバイバル漫画「創世のタイガ」00380 - 人類創世の謎に迫る本格サバイバル漫画「創世のタイガ」

タイガたちがやってきた時代はホモサピエンスとネアンデルタール人が戦っている真っ最中です。人間同士の戦いを目の当たりにし戦いに備えるため準備をする一行、亀の甲羅で作った盾や弓など、生活用品として物を運ぶ台車など、人類の歴史からはまだまだ先に登場するものを作って見せたりします。

ジャンプで連載中のDr.STONEは科学の力を駆使しどんどん技術を発展させていきますが、創世のタイガでは車輪一個、槍の先一個作るのにも苦労するシーンが見られてよりリアルなタイムスリップ模様が描かれています。

キャラクター紹介にもありますが、彼らは人類学を専攻して学んでおり動物だったりサバイバルだったりそれぞれこの時代に選ばれて飛ばされたのではないかと疑問に感じているシーンがあります。

僕はサバイバル漫画が好きなんですが、「Dr.STONE」「エデンの檻」「サバイバル~少年Sの記録~」なんかがこの作品に似ているなと感じました。

もっとも似ているのはやはり前作の「自殺島」ですねw 焼きまわし感がすごい

現実世界からいきなり、非日常世界へ飛ばされそこからどう生き抜いていくのか非日常生活に馴染んでいくまでの描かれ方がワクワクします。

創世のタイガでは、温暖な気候、豊富な食糧、既に住んでいる人がいるなど割と好立地でのスタートです。

この手の作品は、夢落ちで実は最初の落盤事故で彼らは既に死んでいるのではないか?と思ってたりしますが、タイガたちはティアリをきっかけにホモサピエンス側にいます。

このことでタイガたちが持ち込む現代の技術を駆使し現代のホモサピエンスの繁栄に関係してくるのではないか?

4巻では、車輪をきっかけにホモサピエンスの集落と少し打ち解けてきたタイガたちでしたが、平穏も束の間、ネアンデルタール人が夜襲を仕掛け、いよいよ全面戦争が始まるのではないかと思われます。「自殺島」でも派閥に分かれ多くの争いがありましたが、タイムスリップしても結局人同士って争うんですね。

今後、タイガたちは古代の世界で生き残っていけるのかこれからどんどん面白くなっていくのを期待したいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする