フェアリーテイルの続編 FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST感想レビュー

0001 - フェアリーテイルの続編 FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST感想レビュー

今回は、フェアリーテイルの続編、100年クエストの記事を書いていきたいと思います。
新作100年クエストでは、ネーム原作を真島ヒロさん、作画を『Dr.プリズナー』『はじめしゃちょー物語』の上田敦夫さんが担当しています。今回のナツたちの冒険は魔導師ギルド創設以来だれも達成することができなかったクエスト「100年クエスト」にチャレンジします。

そもそもフェアリーテイルとは?

フェアリーテイル

今回紹介する作品のタイトル「フェアリーテイル」とはフェアリーテイルに登場する魔導師ギルドの名前です。
最強のギルドと呼ばれており有能な人材も揃っていますが、問題を解決するために町を破壊するなど問題を起こすため評議員から煙たがられているギルドです。
ラスボスであるアクノロギアを倒し平和を取り戻し、100年クエストへ挑戦というところで本編は終わっています。
フェアリーテイルの続編「FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST」では100年クエストへの挑戦が描かれます。

ギルダーツでさえ達成できなかったクエスト

ギルダーツ

本編、フェアリーテイルでは100年クエストはフェアリーテイル最強の魔導師と言われるギルダーツでさえ達成できなかったクエストとして少しだけ登場しています。
アクノロギアに邪魔され手足を失っていますが、100年クエストではアクノロギア級のドラゴンを5体も封印することが目的となっており前作を上回る強さのキャラが登場すると予想されます。

依頼主は世界最古のギルドマスター

エレフセリア

100年クエストは、世界最古のギルド「魔陣の竜(マギア・ドラゴン)」のマスター、法王エレフセリアが依頼したクエストでありナツたちは99番目のチャレンジャーです。

100年クエストの内容とは?

五神竜

100年クエストの内容とは、ギルディナの五神竜と言われる5つの竜を封印することです。
依頼主であるエレフセリアも滅竜魔導師なんですが、この五神竜を封印するために滅竜魔導師となったようです。
神の名を冠するだけあって一頭一頭がアクノロギア並みといいます。

クエストの報酬

 

エレフセリア

今回のクエストの報酬というのが「望みの物をなんでも与えよう」というもので、依頼内容にふさわしい報酬ですが、エレフセリアにこのような力があるなら五神竜の封印を他人に依頼することもない気がします。五神竜を封印したら実はエレフセリアの力が蘇る…なんて展開もありそうですね。

第五世代の滅竜魔導師

0127 - フェアリーテイルの続編 FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST感想レビュー

100年クエストでは新たなる敵ギルドが登場します。ナツのようにドラゴンから育てられた滅竜魔導師と違い竜を喰うことで滅竜魔導師となったドラゴンイーター
そんなドラゴンイーターだけで構成されたギルドがディアボロスです。彼らは竜を喰らうことで更なる力を得ようと考え、竜を封印ことを目的としているナツたちの行く手を阻みます。
滅竜魔導師と言えば、フェアリーテイルではメインキャラには欠かせない力となっており今後強力なライバルになりそうです。

白魔術教団

0188 - フェアリーテイルの続編 FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST感想レビュー

今回、メインストーリーとなっていきそうなのが黒魔術教団と双璧をなす白魔術教団、世界を白く、全てを無にすることを目的とし、ゼレフと並ぶ危険な思考を持っています。
その白魔術教団の創始者がフェアリーテイルに新たに入った白魔術師トウカだったんです。
既に水神竜メルクフォビアの力は彼女の手のうちにあり、ジェラールはトウカを陰ながら追っています。

水神竜 メルクフォビア

0146 - フェアリーテイルの続編 FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST感想レビュー


かつては、他の竜と同じく暴れまわっていたが、カラミールとの出会いをきっかけに人間と共存の道を歩んでいる。
カラミールが白魔導師に力を奪うことを依頼したことで魔力を制御する力を失っており、制御を失った魔力により海水が増水しています。
悪い竜のイメージしかなかった五神竜、最初の竜メルクフォビアは人間に迷惑をかけまいと自らの力を封じられることを望んでいます。

炎神竜 イグニア

00044d - フェアリーテイルの続編 FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST感想レビュー

炎竜王イグ二ールの実の子であるイグニアは平和的だったメルクフォビアとは対照的に、強い敵との出会いを求めています。
その力はアクノロギアをも凌ぐと言い、半分の力しか出せていないとはいえメルクフォビアの水を圧倒するほどの強い炎を出します。

木神竜 アルドロン

4 9 - フェアリーテイルの続編 FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST感想レビュー


世界一大きな種のドラゴンで、自然の力を使い人の心を読む、メルクフォビアと同じく人との共存を選んでいますが、自らの身体の上に住まわせている人たちは白魔術教団の一員でした。

月神竜 セレーネ

3 - フェアリーテイルの続編 FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST感想レビュー


星の力を使う巨大なドラゴン

金神竜 ビエルネス

4 - フェアリーテイルの続編 FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST感想レビュー


メルクフォビアもあったことがない謎のドラゴン

 

 

今回のフェアリーテイル100年クエストでは、真島ヒロ先生のRAVE時代から続くワンパターンを払拭する感じがぼんやりと感じられます。絵柄も良くて伏線もいい意味で回収方法が予想できてしまう面白い漫画なんですが、そろそろ飽きてきました。
100年クエストの場合単純に現れた強敵を倒すだけではなく、封印するべき敵が人間と共存していたり少し違ったパターンが予想されます。

「ありとあらゆるすべての物の中から何でも一つ」与えれるほどの力を持ったエレフセリアが、なぜ五神竜の封印を依頼しているのか?僕の予想ではエレフセリアこそ五神竜に封印されているのかなとも思っています。
既に、メルクフォビアの封印に成功し、イグニアの登場、アルドドンの封印方法を考えるところまでストーリーは進んでいますので意外にも100年クエストは早く終わりそうですね。

 

コメント

  1. 初めまして、フェアリーテイルは僕も最初はメインヒロインのルーシィ・ハートフィリアが鞭で敵をピシパシ叩いて攻撃するシーンだけ見られれば良いと不純な動機で興味半分でしたが、アニメ化されて天狼島でロキが「敵の情報が少な過ぎる」と言っていたのと大魔闘演舞編にて剣咬の虎を不当解雇されたユキノ・アグリアが宿屋に来たのを見て人の話を聞きたくなって戦闘中に敵が自己紹介するのとノックアウトは2ページ見開きなのが魅力的で初めて「敵を知り己を知れば100戦危うからず」の諺の敵を知りの部分が理解出来て言葉の間違いや新しく入手した情報や頭に浮かんで更新による訂正箇所も多くても僕の名前をクリックした先の掲示板にサンプルとして色々と人生で経験した事を掲載しておきました。

    フェアリーテイルは敵を解析して図鑑化する事に意味が有りますし天狼島でラスティローズと1回目に対決したエルフマンも「テイクオーバーの基本は相手を正しく知る事。そうだったよな?姉ちゃん」と話していましたし、今の世の中は人と病気は99%がヤバい奴ばかりと過大評価した方が無難なので可能な限り調査して自分なりに対処法を編み出さなければなりませんし、前作では東のイシュガル大陸にてチュートリアルとなる巨人の鼻を破門されて人身売買組織に格落ちのボラから「触らぬ神に祟り無し」の諺その物で学習機能が皆無のナツが殴り込みを仕掛けた事で火を点けて西のアラキタシア大陸の皇帝を務めているゼレフに関わると必ず現れて、喧嘩を売ればタダでは済まず妖精の珠と七炎竜の鉄拳以外の魔法を全部吸収するラストボスのアクノロギアをメルディの協力も有ってナツがノックアウトした事で奴に滅茶苦茶に破壊されて「クハハハハ」の大笑いで終わる事無く、エンディングの793年からシェルティーの様に内気者には臆病となる全く見知らぬ人達が住んで優勝をしなければ多額の賞金を貰えずタダ働きになっても文句は言えず何時どうなるかも分からない不安定でも超一流歯科医師の息子で沖縄県の超巨大企業の御曹司で東京大学を卒業してエリートコースの公務員や官僚でさえ東京大学大学院を自ら中退して捨てただけ有る不安定な職業で不特定多数の見知らぬ人達ばかりの巣となっているプロゲーマーと同じく未開の地でアースランドの北に位置する超巨大なギルティナ大陸にて依頼人で魔法陣壁画に掲載しているエレフセリアの依頼で「アクノロギアと互角のギルティナ五神竜を封印してくれ」と頼まれましたが、正確にはギルティナ五神竜の暴走を止めて救うのが目的で達成すると魔法陣壁画の竜の色が消滅します。

    ギルティナ五神竜の名前は平日と宇宙の太陽系の内惑星が素体となっていて、水神竜メルクフォビア+木神竜アルドロン+月神竜セレーネ+金神竜ビエルネス+火神竜イグニアです。

    水神竜メルクフォビアは水族館を思わせるエルミナの街に住んで、秘書のカラミールとの出会いで性格が心優しくなって、カラミールも彼を助けたい余りにエクシードでナツと勘違いしたハッピーに惚れているトウカに憑依した邪悪な白魔導士に「魔力を奪って欲しい」と頼んだのが逆に心を奪われて頼むべからざる者に頼んでしまった事になって案の定留守中のメンバーが白魔導士にMPを吸収されて操られて彼も巨大な竜に変身させられて暴走してイグニールの実息子で好戦的ながらも中途半端な状態のナツと戦いたいたく無い火神竜イグニアが助け船を出してその場では何とか彼の指示を聞くしか無く何とか暴走を止めて救う事が出来たから魔法陣壁画の色も消滅して長年保ち続けてギルダーツでさえ不可能だった均衡も崩れ始めましたね。

    御礼として水神竜メルクフォビアから他の四神竜の事を教えて貰って2匹目は木神竜アルドロンで物凄い馬鹿デカさで「竜を麻痺させて封じるドラゴンとPS1ソフトのブルーブレイカーの雑魚敵で地下道に登場するバーサージェンが特技封印技として剣を投げ付けるエレメントシールのシールの部分の名前を分解して略した」と言うドラシール街に住んで種となる住民達と共存して5個の地区に分かれて各教会に昼寝と定時移動も兼ねて自分の肉体の傷を休息させて回復させる為に枷用かつ防衛対象のオーブを作成して壊してはいけなかったのですが、白魔導士に操られた留守中のメンバーとナツ達にちょっかい出して来たディアボロスの連中達と三つ巴の戦いが始まって結局はオーブを木端微塵に砕いてしまったからこれも枷代わりのオーブが5個全部壊れた事で種の住民達を吸収した事で傷が完全回復して前作と違うのは白魔導士に操られる事無くても自分で案の定暴走した為に東日本大震災級の地震が起こって怒号も聴覚を失いそうな位に馬鹿デカくてもまずは白魔導士とトウカを分離させる為にナツと肝心のウェンディが背中の教会に来てその後に木神竜アルドロンの暴走を止める事になります。

    まああんな馬鹿デカ過ぎる木神竜アルドロンの枷となっているオーブが木端微塵になって傷が完全回復した事で起こした暴走をそのまま放置したらそれこそ去年の風速60mのスーパートリプルタイフーンのファクサイ+ハギビス+ブアローイ級に滅茶苦茶凄過ぎてギルティナ大陸全土に極めて甚大な被害が出ますからね。

    ただ白魔導士も前作のゼレフ・ドラグニルと並ぶ危険人物と言う割には実は3匹目のギルティナ五神竜の月神竜セレーネに騙されて利用されていた手下なだけに過ぎませんでした。

    月神竜セレーネは水神竜メルクフォビアから聞いた話だと星の力を使う強力な五神竜だけでは一体どんな奴かと思っていたらフェアリーテイルとは逆に最初に申した「敵を知り己を知れば100戦危うからず」の諺の「己を知れば」の部分で仲間を徹底的に解析して図鑑化する事に真の意味が隠されて勉強する価値が有って毎年億単位の超異常な総売上を出して四季にて夏のDMZこと軍事境界線と冬の最終決戦出入口となるクリスマスは名所で春と秋は仲間集めと映画を上映する為の合体技を編み出す成長期となっているプリキュアシリーズの去年放送終了してバトンタッチ済のスタートゥインクルチームの僕好みの香久矢まどかちゃんが変身するキュアセレーネと同じく名前からして女性なのは分かっていても顔を知らなかったから調査したら黒月山の旅館に住んで桜と提灯に囲まれて竜の口から流れる温泉による豪勢な風呂に入って風呂上りに高価な薔薇の着物を着て下駄を履いて月兜の角隠しを被ってプロポーションも抜群でルーシィ・ハートフィリアをモチーフにして本人とは正反対に狡猾で贅沢三昧な美女でトウカに憑依した白魔導士も所詮は木神竜アルドロンを暴走させてアースランド自体を滅茶苦茶に歪ませる為に利用していただけなのが分かりました。

    ルーシィ・ハートフィリアをモチーフにした月神竜セレーネ
    https://www.youtube.com/watch?v=_w-CFyk4Kqo

    火神竜イグニアがアクノロギアを撃破した主人公ナツ・ドラグニルとタイマン勝負を望んでいるのとは違って月神竜セレーネはギリシャ神話に登場する月の女神のセレーネ―やモチーフにルーシィ・ハートフィリアとは裏腹に散々白魔導士を利用するだけ利用して用無しになったら魔力を解除してゴミ箱にポイ捨てする月神竜セレーネはギルティナ五神竜の中でも中堅を務めるだけあって知能も高く狡猾で収入に応じて生活のランクを上げ捲って贅沢ばかりしている奴で、アイリーンの魂が宿って付加術を教わったウェンディが白魔導士をトウカから分離させて木神竜アルドロンの暴走を止めた後は白魔導士の束だと突き止めてナツも滅茶苦茶怒りますよ。

    ただ気になるのが白魔導士に洗脳されたミラジェーンに手間取っていたディアボロスのスカリオン・レイダーが「俺達の手に負えないとなればマスターのゲオルグ・ライゼンが精鋭部隊の黒滅竜騎団を動かすだろうな」と話していた事でマッドモールも驚いてましたし、月神竜セレーネにディアボロスの精鋭部隊がちょっかいを出して来るでしょうけど、白魔導士の時と同じく逆に狡猾なセレーネに利用されると思います。

    黒月山の旅館に住む月神竜セレーネが白魔導士を手下として利用して狡猾でルーシィ・ハートフィリアをモチーフにして容姿端麗で贅沢三昧でプロポーション抜群な美女で星の力を使うのは分かりましたが、未だ本当の能力は戦闘中で無いと分かりませんし、恐らくセレーネの場合はメルクフォビア+アルドロンとは違って使い捨ての駒として利用していた白魔導士に理性を失わさせて竜として暴走させず、火神竜イグニアと同じく戦闘中にナツ達に追い詰められて激怒した時に本気を出して理性を保ったまま竜に変身して挑むと思いますし、キリヤ達とは違うディアボロスの精鋭部隊の黒滅竜騎団もちょっかい出して黒月山で激闘を繰り広げる事になりますね。

    金神竜ビエルエスに関しては流石に五神竜の中でも名前しか知られて無く誰も有った事が無い謎の竜ですが、必ず暴走はしますよ。

    まあギルダーツが前作にてギルティナ大陸に向かう途中でアクノロギアに邪魔されて失敗した今作の100年クエストは2週間に1回だけと待たされるから1週間に1回と早めて欲しいし、依頼人エレフセリアが出した課題で暴走を止める対象となる五神竜を簡潔具体的に纏めると次の様になりますね。

    水神竜メルクフォビア:名前の由来はラテン語の水星+海中のエルミナに住む+秘書のカラミールが助けたい余りに月神竜セレーネの手下の白魔導士に依頼したのが間違い+心優しい性格+白魔導師に操られて暴走すると理性を失って彼方此方に水を撒き散らす

    木神竜アルドロン:名前の由来はジュピターとは違って不明な木星+ドラゴン&シールの名前を省略したドラシール街は体の一部かつ住民は傷を完全回復させる為の養分種+5地区の教会に保管して有る5個のオーブは昼寝も兼ねて傷だらけの肉体を完全回復させるのを邪魔されない為の麻酔代わりの枷で木端微塵にされると東日本大震災級の極大地震が起こって最終的には理性を失って聴覚を失いそうな馬鹿デカ過ぎる超巨大な肉体の口から怒号を発射して大地震を巻き起こしながら暴走する

    月神竜セレーネ:名前の由来はギリシャ神話の月の女神となって無重力な月+黒月山の温泉旅館に住んでいる+トウカに憑依させた白魔導士をまんまと自分の好都合の様に利用して用無しになったらポイ捨てした狡猾者+贅沢三昧+容姿とIQがルーシィ・ハートフィリアを素体にしている+星の力を駆使する+激怒して本気を出して竜に変身しても理性は保ち続けられる

    火神竜イグニア:名前の由来はマーズとは違って不明な火星+イグニールの実息子+好戦的+フルパワーのナツとタイマン勝負を望んでいる+水神竜メルクフォビアが暴走を起こした時は中途半端な状態のナツと戦っても満足しないから特別に助け船を出した+激怒して本気を出して竜に変身しても理性は保ち続けられる

    金神竜ビエルネス:名前は金星のヴィーナスをモチーフにしてスペイン語の金曜日+誰も顔さえ見た事が無く詳細は謎に包まれている

タイトルとURLをコピーしました