「領民0人スタートの辺境領主様」辺境スローライフ系物語

01 1 - 「領民0人スタートの辺境領主様」辺境スローライフ系物語
「領民0人スタートの辺境領主様」より引用

今回は、領民もいない草原だけの領地を貰ったディアスの領地生活を描いた作品、「領民0人スタートの辺境領主様」を紹介していきたいと思います。
原作イラストはキンタが手がけており、マンガはユンボが描いています。

05 - 「領民0人スタートの辺境領主様」辺境スローライフ系物語
「領民0人スタートの辺境領主様」より引用

“救国の英雄”と呼ばれるディアスがその戦果を認められ領地を貰いますが、貰った領地はなんと、木の一本も生えていない草原でした。
ここに住むのを諦めようかと考えていたディアスですが、寝ているところにアルナーという亜人の少女がやってきます。
彼女に連れられてやってきたのは、ディアスが仕える王様とは長年敵対関係にある民族だったのです。

鬼人族「モール」

0018 - 「領民0人スタートの辺境領主様」辺境スローライフ系物語


最初、なにもない草原のように見えたディアスの領地ですが、実は小さな集落がありますが、敗戦後追われる身となった鬼人族たちは特殊な魔法で集落を隠し密かにこの草原に住んでいます。

魂鑑定
なぜ彼らが見ず知らずのディアスを集落に引き入れることができたのかというとこの魂鑑定という鬼人族独自の人を判別する方法でディアスが安全である青を示したからです。
鬼人族の人々はみな角を生やしていますが、その角が相手のことを見抜いてくれます。赤は危険な者、敵意あり、白は敵意なし、青は幸福をもたらすものとされています。

男気
鬼人族の男気とは、一般的な男気と似ているようで少し違い、働き者かどうか、甲斐性があるかどうかなど結婚した時に試されるその男の価値を示しています。
実際に、黒ギーという獣を沢山狩ったディアスにはツンツンしていたアルナーが即デレデレしてきています。
草原での厳しい暮らしでは「話が合うか」「顔がいいか」などは価値がないとされ、女性の暮らしを豊かにできるかどうかが男の価値とされているようです。

ディアスや鬼人族と共に生きるメーア

0031 - 「領民0人スタートの辺境領主様」辺境スローライフ系物語


なぜ鬼人族の人々が敗戦して逃げているはずの敵国に身を隠しながらも住んでいるのかというと、メーアという家畜が柔らかい草を多く食べる。そして柔らかい草が多く生える場所はそう多くないのでこの草原は鬼人族の人たちにとってもかけがえのないものとなっています。
ディアスはメーアを二頭村の族長から貰います。メーアは草を食べれば食べるほど毛を伸ばし毛を刈り取って村に持っていけば食料品や生活用品などと交換してもらえます。

0人らしいスタート

無機物や、弱いモンスターに転生しても俺TUEEEが序盤から出てくると、「あれこれただのファンタジーじゃね?」ってなりますが、いまのところ家畜を育てて増やしたり一巻から派手な魔法を使うでもなく、俺TUEEE要素は控えめです。

救国の英雄と呼ばれたディアスがなぜこのような、なにもない草原に送られたのか?
送られてすぐに「戦争が始まったから協力してほしい」と第三王女であるディアーネがディアスを迎えにやってきますが、と王女がわざわざ呼び戻しに来るぐらいなら草原に送らなければいいのにと思いました。
国王からは支度金と多額の報奨金が出ていると王女は聞かされていましたが、ディアスは銀貨の一枚ももらっていないといいます。
「戦争には参加しない」と王女を追い返していますし、なにやら不穏な空気が流れているのでこの辺も楽しみですね(^^♪

キャラクター紹介

ディアス

0001 - 「領民0人スタートの辺境領主様」辺境スローライフ系物語


”救国の英雄” 王国での戦果を認められ草原の領主となる。優しい性格で、「人の役に立つ仕事をする」という母の遺言と「弱いものを守れる男になれ」という父の遺言を守って35歳まで生きてきた。
身の丈を超える戦斧を持ち、その力はアースドラゴンの甲羅をも粉砕するほどだが、自他ともに認める馬鹿なので他の武器は扱えない

アルナー

0061 - 「領民0人スタートの辺境領主様」辺境スローライフ系物語


鬼人族で15歳の少女、ディアスを草原で見つけ鬼人族の村へと連れていく
男気のあるディアスに惚れ婚約者となる。

クラウス

0151 - 「領民0人スタートの辺境領主様」辺境スローライフ系物語


ディアスを戦争へと迎えに来た一団の一人、アルナーの角判定では青を示しており
戦争で最前線に送られるのが嫌になってわざと兵士を首になるようなことをして、かつて共に戦ったディアスの領地で領兵として働きたいとして戻ってくる。

モール

0019 - 「領民0人スタートの辺境領主様」辺境スローライフ系物語


鬼人族の族長、アルナーが連れてきた敵国の領主であるディアスを認め、家畜や食料を分け与え右も左もわからないディアスの草原生活を支える。