七つの大罪の続編「黙示録の四騎士」剣と魔法の世界の冒険ファンタジー

漫画

 

今回は、黙示録の四騎士の記事を書いて行きたいと思います。

黙示録の四騎士は七つの大罪の正当続編で、主人公がメリオダスからパーシバルという更に可愛い16歳の少年に変っています。

週刊少年マガジンで連載されている作品でアニメ化もされています。

主人公パーシバルは世界を滅ぼすと言われる黙示録の四騎士の一人で、旧作のメインキャラである七つの大罪は伝説の存在となっています。

 

あらすじ

神の指に住んでいた主人公パーシバルは、祖父バドガスと暮らしていました。

しかし、パーシバルが16歳になった時に、父イロンシッドが祖父バドガスが世界を滅ぼすと言われる黙示録の四騎士の可能性があるとして、バドガスの命を奪います。

パーシバルは祖父バドガスの命を奪った父イロンシッドを探すため冒険の旅に出ます。

神の指から降りると、偶然なのか、赤い狐のシンと出会います。

シンによれば、イロンシッドたちの居るとされるキャメロットへ行くには、リオネス王国に行く必要があると知り、リオネスを目指します。

 

主人公が可愛い


©鈴木央/講談社

今作の主人公パーシバルは、前作の主人公メリオダスと比べても更に小さくて可愛いです。

緑の鳥の羽のような髪型という可哀想になるぐらい酷い髪型、旅立ちの瞬間に長いマントを踏んずけてこけてしまうという失態を犯してしまうパーシバル

素直で優しい性格の持ち主で、魅力満点です。

 

前作よりファンタジー色が強い作品


©鈴木央/講談社

前作七つの大罪に比べ、少年の視点から世界を見ているという事もあり、ファンタジー色の強い作品となっています。

主人公であるパーシバルは幼少期を神の指という閉ざされた世界で祖父のバドガスと住んでいたという事もあり、女性を見るのも初めてという初心な心を持っています。

なにも知らないパーシバルが謎の世界への大冒険というのも見所の一つです。

 

巨大な敵キャメロット


©鈴木央/講談社

パーシバルが降り立った世界、そこはリオネス王国が平和に治める世界ではなく、キャメロットが密かに人間だけの世界を作ろうと企む世界でした。

祖父を奪ったイロンシッドを倒すため、世界を牛耳ろうとするキャメロットを倒すため、パーシバルは旅に出ます。

 

用語解説

リオネス王国

七つの大罪メリオダスが治めている王国、巨人族や妖精族、人間といった他種族が住んでいる。

 

キャメロット

16年前に起こった聖戦で滅びた王国、魔神王の一撃で城も街も跡形もなく消し飛んでしまい、王様は僅かに生き残った聖騎士と民を連れて姿をくらましたとされています。

 

黙示録の四騎士

四つの厄災で世界を滅ぼすと言われる存在

 

七つの大罪

伝説級の聖騎士7人、魔人族、女神族、妖精族、巨人族など複数の種族によって構成されています。かつてはリオネス王国に謀反を企てたとされていますが、何度もリオネス王国を救った英雄

 

 

キャラクター一覧

パーシバル


©鈴木央/講談社

黙示録の四騎士の一人、敵すらも助けるというお人好しな性格の持ち主

ミニパーシバルなど不思議な魔力を使い、治癒や攻撃に使うことが出来るがそれぞれがパーシバルの意志で動くのではなく自我を持っている。

 

ドニー


©鈴木央/講談社

聖騎士見習いだったが、聖騎士を諦め旅をしていたところパーシバルに出会い行動を共にする。

 

ナシエンス


©鈴木央/講談社

木霊の谷に住んでいた少年、薬師オルドによって育てられ体内に毒を取り込むことによって生成、中和できる魔力を持つ

 

アングハルハッド


©鈴木央/講談社

シスタナの領主の娘で聖騎士を夢見る少女、聖騎士になるためシスタナからパーシバルと共に旅に出る。

イロンシッドに傷を負わせるほどの剣技の持ち主であり、他人の嘘を見抜く魔力から自らの質問に嘘をついたものに重圧をかける魔力へと変化している。

 

ランスロット


©鈴木央/講談社

黙示録の四騎士の一人、パーシバル一行のお世話役

パーシバルが神の指から落ちてきた時から「シン」という使い魔として行動を共にしていたが、仲間のピンチに正体を現す。

その強さは、アーサー王を震えさせるほどで混沌の騎士をものともしない実力の持ち主

 

ガウェイン


©鈴木央/講談社

エスカノールの雰囲気とマリーンの服らしき服を着ている少女

アーサー王の甥っ子でもあり強力な太陽の魔力を使い、「完全なる立方体(パーフェクト・キューブ)」を「絶対強制解除(アブソリュート・キャンセル)」を使い解除している。

 

イロンシッド


©鈴木央/講談社

パーシバルの祖父である聖騎士バドガスの命を奪った人物でパーシバルの父、混沌の騎士の一人で四凶と呼ばれています。

 

ペルガルド


©鈴木央/講談社

黙示録の四騎士の一人で、パーシバルを追ってきた人物
パーシバルの人間性に惹かれている。強力な炎の魔力の使い手

 

アーサー王


©鈴木央/講談社

人間以外の種族を滅ぼそうと目論む人物
体内に混沌を宿している。その実力は、七つの大罪、メリオダスと同等以上

ランスロットと互角以上に渡り合っています。

 

詳しいキャラクター一覧は以下の記事をご覧ください

404 NOT FOUND | ネオうさちゃんねる
無料漫画ネタバレレビューブログ

 

まとめ

今回は、マガジン連載中の作品、黙示録の四騎士の記事を書いてみました。

可愛い主人公と剣と魔法のファンタジー世界ということで、普通のバトル物となっていた七つの大罪とは少し違った面白さがある今作

まだまだ強い敵が大勢いますが今後、パーシバル一行がどのような成長を遂げるのか期待したいと思います。

 

その他バトル系漫画も紹介していますので是非ご覧ください

超面白いおすすめバトル漫画ランキング!
バトル漫画と言えば漫画の中でも、最も人気の高いジャンルです。 そこで今回は、数多く存在するバトル漫画の面白さを勝手にランキング付けしてみました。 有名漫画ばかりになってしまいましたが、これから少しずつ追加していきたいと思います( ;∀;) ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました