【怪獣8号】保科宗四郎は糸目カッコいい!強さ能力などをまとめ

漫画


©松本直也/集英社

 

日本防衛隊の第三部隊で副隊長を努めている保科宗四郎、保科と言えば二刀流から繰り出されるスピード感のある戦いが魅力です。

現在の怪獣討伐では銃器が主流となっており刀は時代遅れとされていますが小型から中型にかけては隊長である亜白ミナ以上と自他共に認めており読者からもスタイリッシュな戦いから高い人気を集めています。

そこで今回は、第三部隊の副隊長、保科宗四郎についての記事をまとめていきたいと思います。

 

プロフィール

階級 副隊長
誕生日 11月21日
年齢 不明
身長 171㎝
体重  不明
出身地 関西
趣味 不明
好きなもの 読書、珈琲、モンブラン、単純な奴
CV 川西健吾

 

保科宗四郎はなぜカッコいいのか?


©松本直也/集英社

怪獣8号では保科より強いキャラも役職が上のキャラも登場しますが、糸目でオカッパ、身長も他のキャラに比べて低いという一見マイナスの点が多いキャラが魅力的なのかというと

作中では刀は時代遅れとされ、他の隊員が銃で怪獣との距離を取ろうとする中、敢えて短い短剣二つで怪獣に挑んでいく姿はやっぱりカッコいいです。

銃で戦う他の隊員に比べ怪獣との距離も近くなるため、スピード感溢れるバトルが展開されるのも保科の魅力の一つと言えるでしょう。

 

概要

日本防衛隊の第三部隊の副隊長で室町時代から続く討伐一族の家系、刀を使った小型から中型の怪獣を得意としており銃への適性は低いものの、討伐演習ランキング小型怪獣討伐部門では第一部隊の鳴海弦を抜いています。

 

人物像

普段は糸目で関西弁の陽気なイメージですが、怪獣と戦う時は一転、目を見開き恐ろしい表情を見せ怪獣化したカフカを驚かせました。

カフカの入隊試験では審査委員長を務めており、お笑い枠としてカフカを合格にするように周りに薦めていましたが、ただ一人裏ではカフカのバイタルが異常に消失したことに着目しており手元に置いて真相を確かめようとする目論見を持つなど陽気な表の顔と怪獣退治に熱意を燃やす二つの顔を持っています。

他の隊員が手に負えない相手と見るや「僕がやらなあかん」と度々口にしており、住民だけでなく仲間である隊員も怪獣から守ろうとする強い使命感も持っています。

 

解放戦力は92%

通常のスーツをまとっていた時の保科の解放戦力は、鳴海弦、亜白ミナに次ぐ92%でした。

12号戦ではナンバーズ10のスーツを身にまとい意思疎通することで100%まで引き上げています。

 

保科の武器とは?


©松本直也/集英社

保科宗四郎の武器は、専用武器となっており「SW-2033」という2つの小刀を使っています。

 

一刀流


©松本直也/集英社

12号戦では一本の長刀も扱っています。

 

専用スーツ


©松本直也/集英社

保科副隊長はスーツも特別製の専用スーツです。

スーツになっても意志を保っているほどの識別怪獣で、戦いを楽しむ保科の本質を見抜き保科に使われることを怪獣自ら希望して保科のスーツとなります。

史上初の意志を持った怪獣兵器で、神経同調が困難なため音声での意思疎通は不可能

10号をベースに作られた尻尾の生えたスーツで、喋るという特徴もあります。

好戦的な性格のスーツで、保守的な戦い方をしようとしていた際には訓練以下の解放戦力となっており、34%まで下落、好戦的な戦い方をした際にはグイグイと解放戦力を上げて最大で解放戦力を100%まで上げています。

 

作中での活躍

相模原討伐作戦


©松本直也/集英社

神縄断層で発生した怪獣、地中を成長しながら移動して増殖期に入り地中に姿を現します。

ビル何個分にも匹敵する巨大さを誇った本獣をとんでもない火力で倒してしまった亜白ミナ

保科は亜白ミナと同じようなことは出来ないと言いながらも、本獣から無数に生み出された余獣をあっさりと倒しています。

「小型から中型にかけては僕の方に分があるかな」

目の前でとんでもない火力を見せた亜白ミナよりも小型から中型にかけては自信があるというだけあって余獣は豆腐のように切り裂かれます。

この瞬間、保科に惚れた人も多いのではないでしょうか

 

立川基地に10号来襲


©松本直也/集英社

立川基地に10号が来襲した際には、上空から攻めてきた翼竜型のフォルティチュード本獣クラスの6.3を記録する怪獣数十体にも襲撃されています。

夜間の襲撃であったにも関わらず、夜間警備隊に戦闘態勢に移行、非番の隊員にも出動を掛ける、可能な限り演習場に引き込むなど素早く的確な指示を出しています。

亜白ミナ到着まで大型化する前の10号と互角に渡り合いました。

 

龍寧神社


©松本直也/集英社

カフカは怪獣8号となってしまったことが防衛隊にバレてしまい本来なら自分も討伐対象でしたが、怪獣と戦うことを決意しています。

カフカの怪獣と戦うという決意とは裏腹に怪獣化を制御できない可能性もありますが自分の力だけでは皆を救えないことで悩んでいました。

しかし、カフカは保科に対し改めて「怪獣化してしまってもみんなを助けるために今後も怪獣化を続ける」と言います。

怪獣化が防げないと分かった保科は、カフカが怪獣化しなくても戦えるように鍛えなおすことにして龍寧神社へと連れていくことにしました。

江戸時代から続いていると言われている怪獣との戦い、龍寧神社には怪獣との戦いで犠牲になった人々が祀られていました。

そんな場所でカフカと保科は二人で、特訓を開始します。

 

10号スーツ投入


©松本直也/集英社

保科と、怪獣10号がスーツ化してから初の実戦

保守的な戦いをしようとする保科を引き留め、スーツが尻尾を地面に突き刺す場面もあるものの、10号の戦い方に合わせた保科をサポートして道を切り開きます。

保科流刀伐術を次々と披露し、その戦いぶりは隊員たちからは「怪獣よりあの人の方がよっぽどバケモノだな」を言われる程でした。

 

12号戦


©松本直也/集英社

複数のフォルティチュード9.0越えの怪獣が現れるという未曽有の事態の中、保科副隊長のところにも同じく大怪獣12号がやってきます。

防衛隊内のデータを把握している怪獣9号が保科副隊長に割り当てるために作り出した怪獣12号は、近接戦闘に特化しており保科を苦戦させます。

 

保科流刀伐術

1式 空討ち


©松本直也/集英社

見えない斬撃の攻撃、カフカとの戦いでも使われ避けたはずの刃が当たっており、通常の斬撃ではダメージを受けなかったカフカも肉をえぐり取られています。

 

2式 交差討ち


©松本直也/集英社

クロス状の斬撃、8号より高い強度を誇る10号の体にダメージを与えています。

 

3式 返し討ち


©松本直也/集英社

 

4式 乱討ち


©松本直也/集英社

複数の斬撃を浴びせます。

 

5式 霞討ち


©松本直也/集英社

クロス状の斬撃を囮にして三連撃目を加える技です。カフカ戦で使われていますがカフカの胴体を斬ったかと思われましたが、胴体が口になって牙で刃を受け止められ防がれています。

 

6式 八重討ち


©松本直也/集英社

複数の斬撃がクロスして八つ裂きにします。

 

7式 十二単


©松本直也/集英社

超高速の12連撃

 

保科流抜討術


©松本直也/集英社

怪獣10号戦でデータを取られ、12号戦では対策済みだった二刀流、敵を欺くため普段使わない一刀流に切り替えます。

兄である宗一郎の十八番だったことから使うのを躊躇っていた宗四郎ですが、12号戦では一刀流を使わざる得ないほど追い込まれました。

 

1式 朧抜き


©松本直也/集英社

一刀流の見えない斬撃、腕だけでなく足にまで刃が当たってます。

 

2式 風穴


©松本直也/集英社

12号の強固な体を貫通するほどの強力な突き技、文字通り風穴を開けています。

 

3式 逆拍子


©松本直也/集英社

コメント

タイトルとURLをコピーしました