【怪獣8号】日比野カフカの謎にせまる!怪獣8号の正体とは?強さ能力など

漫画

kafuka 【怪獣8号】日比野カフカの謎にせまる!怪獣8号の正体とは?強さ能力など
©松本直也/集英社

 

日比野カフカは、怪獣8号の主人公で、32歳の怪獣専門清掃業者。

防衛隊員を目指していたが不合格となり、モンスタースイーパーで働いていました。

数々の怪獣を清掃していた経験から怪獣の生態を見抜く能力を持ち、腸作業も得意という少年漫画の主人公としては、意外性の塊のような人物です。

幼馴染の亜白ミナと共に防衛隊に憧れてましたが、夢を諦めていました。

しかし、防衛隊員の募集年齢が引き上げられたことと後輩のレノの後押しもあり、最後の試験に見事合格すると同時に怪獣に寄生され怪獣8号へと変身し、防衛隊員となります。

怪獣8号としてのカフカは、フォルティチュード9.8という圧倒的な強さを持ち、防衛隊に入隊後は正体がばれることとなりながらも、仲間たちと共に人々を守るために戦い続けています。

本記事ではそんな主人公らしくない日比野カフカについて徹底解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

日比野カフカのプロフィール

職業 日本防衛隊第三部隊隊員
誕生日 8月5日
年齢 32歳
身長 181㎝
体重 不明
出身地 不明
趣味 競技用ハンドガンの射撃、トレーニング
好きなもの 防衛隊、カレー、ハンバーグ、お酒、たばこ
CV 福西勝也

 

人物像

日比野カフカは、『怪獣8号』の主人公であり、第3部隊のメンバーの中で唯一の30代で、仲間からは「おじさん」と呼ばれています。

カフカは幼い頃に幼馴染の亜白ミナと共に日本防衛隊への入隊を夢見ていましたが、試験に落ち続け、夢を諦めて「モンスタースイーパー」として働いていました。

しかし、新人アルバイトの市川レノとの出会いや、後に起こる怪獣化がカフカの人生を変えるきっかけとなり、再び夢を追い求める決意を固めます。

彼は防衛隊入隊試験に挑戦し、32歳という年齢制限のギリギリの年齢で入隊します。

ストーリーの初期では、第3部隊に配属され、亜白ミナ隊長や保科副隊長の指揮の下で訓練や実戦に参加します。

しかし、怪獣10号による攻撃から街や仲間たちを守るために起こした行動が理由で、第一部隊に転属させられました。

このようにカフカは、自身の夢や能力に対する葛藤や自己犠牲、そして仲間を守る強い意志を持っています。

カフカは怪獣化した能力を駆使して仲間を守り、その行動が周囲からの信頼を勝ち取るきっかけとなるのでした。

カフカの怪獣化は、体内に小型怪獣が寄生したことによるものであり、怪獣化の進行が彼の身体に深刻な影響を及ぼす可能性も示唆されています。

日比野カフカは、自己犠牲や仲間への思い、そして夢への執念を通じて、『怪獣8号』の物語に欠かせない存在となっています。

 

日比野カフカの強さとは?

怪獣8号として知られる変身能力を持つ日比野カフカは、その能力を活かして防衛隊の一員として活躍しています。

カフカは怪獣「ミツケタ」に寄生されることで「怪獣8号」として、怪獣に変身する能力を得ました。

この変身能力によって、防衛隊員としては超劣等生だったカフカは人間としてではなく、怪獣としての強さを手に入れます。

怪獣としての姿は怪獣8号とも呼ばれ、そのパワーと再生能力は防衛隊にとって頼りになる存在です。

カフカはかつて怪獣の清掃業者として働いていた経験から、怪獣に関する豊富な知識を持っています。

彼は怪獣の特性や弱点を熟知しています。この知識は戦闘において役立ち、敵の弱点を見抜いて攻撃を仕掛ける際に活かされるのです。

日比野カフカの強さは、単に身体的な力だけでなく、精神的な強さや自己犠牲を厭わない献身的な心にもあると考えられます。

 

日比野カフカの活躍

彼は防衛隊員になる夢を抱きながらも、実力不足で挫折し、清掃業者として働いていました。

しかし、謎の怪獣に襲われて怪獣化したことで、再び防衛隊を目指すことになります。

入隊試験では、怪獣の知識とユーモアを武器に隊員候補生として入隊し、その後も怪獣との戦いで奮闘します。

彼の怪獣化能力は、仲間や人々を守るための切り札となり、怪獣9号や怪獣13号との戦闘で大きな役割を果たします。

その一方で、怪獣化がバレてしまったことで周囲からの信頼を失いかけるものの、四ノ宮功の評価により防衛隊の一員としての価値を再認識されます。

 

四ノ宮功戦

kafuka-2 【怪獣8号】日比野カフカの謎にせまる!怪獣8号の正体とは?強さ能力など
©松本直也/集英社

有明りんかい基地での戦いでは、四ノ宮功はカフカの怪獣としての正体を知りながらも、カフカが人類の敵ではないと信じていました。

第三部隊の隊長である、亜白ミナ、娘の四ノ宮キコルからも同様の進言を受けていた功は、カフカを怪獣8号として処理すると宣言しながらも、実際にはカフカを試そうとしていたのです。

戦闘が始まると、功は怪獣2号を兵器化した識別兵器でカフカに立ちはだかります。熟練の隊式格闘術を駆使し、功はカフカを怪獣化させるために全力を尽くします。

激しい戦いの中で、カフカは限界を超えた力を発揮し始めます。

一時は怪獣の欲求を制御できなくなります。しかし、カフカは強い意志と思いを持ち、自らの怪獣としての本能を抑え込もうと努力します。

カフカは功を傷つけることを防ぐために全力を挙げます。カフカの人間としての心が怪獣としての本能を上回り、ギリギリの所でカフカは自らの有用性と怪獣の意志が自分の制御下にあることを示しました。

 

怪獣9号戦

kafuka-1 【怪獣8号】日比野カフカの謎にせまる!怪獣8号の正体とは?強さ能力など
©松本直也/集英社

東京都品川区で突如として現れた巨大な穴。その穴から現れたのは、蟻型の巨大な怪獣でした。

日本防衛隊は現場へと急行し、怪獣との戦いに臨みます。

しかし、その戦いの中で、四ノ宮功が憂慮していたことが現実のものとなります。

防衛隊は怪獣を取り込んだ特殊な隊員ですが、日比野カフカを戦いに参加させる決断をします。

カフカは部分変身を覚え、怪獣としての制御を少しずつ身につけていましたが、肝心な時に制御できなくなる恐れから変身できなくなってしまいます。

しかし、キコルの激励によってカフカは見事変身に成功し、怪獣8号として現れるのでした。

その力は驚異的で、怪獣9号の核を奪い取るという離れ業を成し遂げるのです。

しかしそれは、9号が融合していたアリンコの物でした。

更にカフカは9号を追撃しとんでもない力で9号を圧倒、そのパンチは9号を爆散させるほどの物でした。

怪獣9号はカフカを狙っているかのように思われましたが、その真の狙いは四ノ宮功だったのです。

功は、怪獣2号の識別兵器を持つ存在であり、その存在が怪獣9号の真の目的でした。

 

まとめ

日比野カフカは、日本防衛隊内で注目され期待される存在です。

カフカは怪獣化という特殊な才能を持ち、怪獣としての力を使いこなす能力を持っています。

カフカの成長と戦いの過程は、防衛隊の戦略や戦力の面で大きな影響を与えています。

その戦いぶりは、隊内での評価も高く多くの隊員が彼の活躍に期待を寄せています。

今後もカフカの戦いや成長に注目が集まることが考えられるでしょう。

カフカがどのような困難に立ち向かいどのように成長していくのか、その先に待つ戦いの展開に興味が尽きません。

 

 

その他のキャラクターについては以下の記事にまとめています。是非ご覧ください

kaiju-8-160x90 【怪獣8号】日比野カフカの謎にせまる!怪獣8号の正体とは?強さ能力など
【怪獣8号】強さランキング!最強キャラは誰!?登場人物一覧
世界でも指折りの怪獣発生率を誇る日本、主人公である日比野カフカは怪獣防衛隊に入ることを夢見ながら防衛隊が倒した怪獣の後始末をする仕事をしていました。 ある日、怪獣に「ミツケタ」と言われ寄生されてからは生活が一変、怪獣8号としての正体を隠しな...

コメント