戦国布武の変な奴、良い奴まとめ、とんでもないプレイヤーが居た!!

ゲーム

thumbnail of sengoku fubu - 【戦国布武】装備一覧・選び方、ステータス+値などをまとめ

 

戦国シュミュレーションゲーム「戦国布武」は、戦国時代の日本を舞台にガチャで獲得した将軍に装備を付けて編成し各都道府県に配置された城を取り合っていくというゲーム

戦国布武では、将棋や囲碁のように複数のプレイヤーが一度同じ戦局でマッチしてプレイ
全てのプレイヤーを倒すか、一人のプレイヤーと同盟を組んで天下統一するか、誰かに全ての城を奪われると新たな戦局へと参加できます。

わざと負ければ、一日に3回か4回は戦局に参加できるので、様々なプレイヤーと出会うことになります。

皆さんも、プレイしているとたまに変なプレイヤーに会うこともあるかと思いますが、どんな変な奴がいるのか気になっている方も多いかと思います。

そこで今回は、そんな戦国布武で出会った様々な人物についての記事を書いて行きたいと思います。

 

戦国布武の変な奴、珍プレー

何故か偉そうな人

今回紹介する一人目は、戦国布武のとある戦局で出会った人物

この戦局では、この方と僕の二人だけという珍しい戦局となりました。
無駄に争うこともないと思い、すぐに同盟を結びこの戦局は終了となりましたが、その後フレンドとなり会話をしていると凄く偉そうにしていました。

よく話を聞いていると、この方、4つほどアカウントを持っており僕が小史だったのに対して彼は少納言のアカウントまで持っていたのです。

この時の僕より2つ上の官職で、まともに戦えば全く相手はダメージを受けることなく僕が負けるでしょうが、いくら強いアカウントを持っていても官職が違うので戦うことはない上

官職が落ちると装備や☆レベルも下がるので、偉そうにすることもないのです。

更に彼は、有名なグループのリーダーだったようで結構仲間も多いみたいでしたがゲームなんで、関係あるのかなと思ってしまいました。

 

何故か偉そうな人2

二人目の何故か偉そうな人は、戦局に参加している人が見れるチャットで現れました。

この方は、誰も自分に攻撃してこないことが待ち遠しかったのかチャット内でみんな積極的でないと文句を言いだしました。

そしてその原因は自分の持っている武将が強いからだと言い出したのです。
戦国布武では、他のプレイヤーの武将を見ることも出来るので、どんな武将を持っているかで大体強さが分かってしまいます。

しかし、戦国布武では誰彼構わず攻撃しているとすぐに上の官職に上がってしまう為、真剣に天下統一を目指すのは一つの戦局でもそんなに多くなく、弱いところから一人ずつ倒していくのがセオリー

しかも、対人戦は浪費が大きいため、まずは他のプレイヤー同士潰し合ってくれた方がいいので対人戦は避けNPC城を落としてしまってから対人戦が始まります。

※官職とは、格闘技で言うと階級のようなもので、上の階級に上がると全く勝てなくなります。

そして、彼はわざと煽るようにあちこちに攻撃を仕掛けますが、結局なかなか倒されずにいました。

ここまで強気なら余程、強い武将を持っているのだろうと思い武将一覧を見てみたところ意外と普通でした。

そもそも、戦国布武では強い武将を揃えているのは当たり前の状態となっており特別、攻撃したくないというほどでもなかったのです。

しかも、この方、自分には攻撃してこいと言っているのに自分は官職は上げたくないと話していました。

「みんな官職は上げたくないんだよ」とツッコミたくなりました。

 

偽のキルお願いします。

出会ったことはないんですが、偽の「キルお願いします」をするプレイヤーも中にはいるらしいです。

戦国布武では、戦局が始まると同時に「キルお願いします」と武将を編成することもなくわざと倒してもらう方も多いんですが、これは官職が上がらないようにわざと負けて石高を下げる行為です。

キルお願いしますと言ったからには、武将を編成しないのが普通なんですが、中には偽の「キルお願いします」をして攻撃を開始する方もいるらしいです。

このような事をしても、武将が編成されていないとなるとそのための編成を行いますので、あまり相手の兵力を削れないような気がします。

 

戦国布武の変な奴、好プレー

戦えない私

好プレーヤーとして印象に残ったのが、何回か戦局で一緒になったとある方です。

僕は、官職を下げたいため石高を落としている時にこの方と会いました。

みんなが見れるチャット画面で「キルお願いします」と頼んだらこの方が反応してくれるのを何度かたまたま繰り返していて、フレンドになっていたんです。

※フレンドとは、戦国布武で個別にチャットできるようになる機能です。
フレンドになった人とは戦局以外でもあらかじめ編成していた武将を連れてお試しで挑戦することもできます。

フレンドになってしたのはお礼だけだったんですが、真面目にプレイする戦局でまた彼と出会います。

フレンドになった際、彼がどのくらい強いのか試してみたところ彼は、僕よりは圧倒的に強いみたいで城も彼の方が取っていたのですが、いつまでたっても攻撃を仕掛けてこなかったんです。

僕は、何度も同じ戦局でフレンドになっていたので、個別チャットで話しかけてみると彼は僕と争いたくないと伝えてきました。

このゲームは、一人のプレーヤーが他プレーヤーとは一人しか同盟を結べないので、彼が他プレーヤーと同盟を結んでいたら争う以外にないゲームなので別に攻撃してくれても良かったのですが優しい方もいるもんですね。

 

真面目なキルお願いします。

偽の「キルお願いします」とは逆にまじめな「キルお願いします」でも、好プレーが存在します。

一度「キルお願いします」と言ったからには、倒してもらうまで待つしかありませんがたまにやる気のない方が集まっている戦局だとずっと放置されたままになる場合もあります。

流石に、暇すぎるので仕方なくプレイしたくなりますとちゃんと「動きます」と宣言してから動く真面目なプレイヤーの方も多いです。

長い事、待っていて放置されていて動き出したら「待てなかったんだな」とこちらも察せますが、相手のことをきちんと考えて「動きます」と言ってから動くのは好印象ですね。

 

まとめ

今回は、戦国布武で出会った変な奴、良い奴をまとめてみました。

プレイヤー全員が見れるチャット画面だとほのぼのとした会話が行われていて「この人たちが本当に城を取り合うゲームをしているのか?」と思ってしまうほどです。

そこで「みんな優しい」と言っていたプレイヤーも居ましたが「優しいのは今だけだよ」と返している人も居て、確かにそうだなと思いました。

このゲームは、敵プレイヤーの兵士や資源を減らし滅亡させるゲームなんです。

ただ、話してみるとみんなしっかり敬語を使っており、丁寧な方が多い印象でした。
逆にこの記事を書くために面白い人もいてくれた方が良かったんですがなかなか出会えず残念なほどです。

これからプレイしていたら面白いプレイヤーに出会えるかもしれませんのでまた更新したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました